Skip to content

2019-11-19
カテゴリトップ>国産シルクスカーフ>草木染できる縫製済み白スカーフ・白ハンカチ>大口販売10枚以上ロットの値引き卸売り>草木染め用白スカーフ
【大量購入卸売り】30枚ロット
縫製後の出荷【草木染に使えます】絹100%
シルクシフォンの縫製済み大判の白スカーフ
size110cm×110cm,silk100%
このロットは北陸製の上質白生地を使用しました。
日本製
絹生地に生糸に撚りをかけてから織り上げますので、着物用のしぼ縮緬生地やスカーフ生地などはお湯につけると縮みます。
縮緬(ちりめん)と言われる名前の由来です。

縮んだ反物の場合は染め上げてから職人が「湯のし」して幅を戻します。
同じようにシルクシフォン生地は透け感とシャリ感を持たせるために経糸と横糸に強い撚りがかかっていますので、草木染などで煮込んだ生地も20%くらい縮みます。

草木染教室では、自然乾燥したあとで必ず高温のアイロン掛けしてサイズをもとに戻します。 ご家庭用のアイロンで可能です。
着物もスカーフ生地も「光沢感のある厚手の生地は縮みにくく、シボや透け感のある薄手の生地は縮み易い。」のが絹の特性です。

※衣類乾燥機の使用は厳禁です。生地が裂けてしまいます。
 アイロンは高温で必ず当て布をしてください。

ご希望の場合には、試験染め絹ハギレを20cm同梱進呈いたします。

トップ>>草木染用の白スカーフ>>シルクシフォンの縫製済み白スカーフ

シルクシフォンは経糸横糸に撚りをかけた絹糸で織り上げます。
しなやかで透け感の美しいフェミニンな生地です。


国産シルク
このロットは北陸製の上質白生地を使用しました。

仕立て上げのシルクシフォン・ロングスカーフ
そのまま白いシフォンスカーフとしても使えます。
ご家庭での草木染めに、ぜひ挑戦してください。

size 110×110cm..Silk100%
 ほかの生地を見る
草木染の方法  印刷用A4版のPDFファイル
)鍋に染める布の重さの約20〜30倍の水を入れ火にかける。(100gの布なら2〜3Lの水)
草木を水から入れ15分位煮出す。(木の枝なら30分以上)
バケツにザルをのせ布を敷いて鍋の中身を濾す。[一番液]
布に残った草木をもう一度鍋に入れて水を入れ同様に二回目の染料を作る。[二番液]
二回分の染料を合わせ鍋に入れ火にかける。
※草木によって煮出す回数が異なります。(2〜10回)

)染める布をよく絞って染料に浸し、15分菜箸でつきながらムラにならないように染める。
火を止め、ぬるま湯まで冷ます。

)媒染剤(木酢酸鉄液)は布の重さの約2〜5%ほどを布の20〜40倍の水で溶かす。 
※木酢酸鉄液はネットで500円前後で買えます。食酢に水と鉄の古釘を入れ煮つめ7〜10日放置したものも同様に使える。
染めた布をよく絞って30分間媒染液に浸す。

)媒染した布をよく水洗いしてすすぐ。
染料の鍋を火にかけ、布を入れてもう一度菜箸で混ぜながら15分煮る。

)布は色が出なくなるまで水ですすぎ、脱水して天日干し、アイロンで仕上げる。


お客様の制作デザインや
デジタル写真などを
9800円で100cm×100cmの
シルクスカーフに仕上げます
デジタル染色と縫製加工



白スカーフの一覧


国産シルクスカーフ全種もくじ
【数量限定セール】アウトレット特価品もくじ
草木染にも使える白スカーフもくじ

mayukoパーティーショールcollection
しっとり柔らかな、16匁シルクサテンジャガードを使いました。
しっとり柔らかで光沢のある素材なので、
パーティーなどのお出かけワンポイントにお使いください。
私のシルク工場で織り上げました。

パーティーショール・リボン結びスカーフもくじ

草木染め講座

●準備するもの

染める布、※初心者は絹が無難で扱いやすい。高温でもOK。ムラなく染まり、発色も良い
草木(細かく切る)、バケツ、ザル、濾す布、さいばし、鍋(ステンレスかホーロー)、計量カップ、スプーン、ボール(ステンレスかホーロー)、ゴム引き手袋、媒染剤(木酢酸鉄液)   =染料屋さんで買える…1ビン500円くらい ★食酢に水と鉄の古釘を入れ煮つめ7〜10日放置したものも同様に使える
はかり、花ばさみ等。

生地はインター
ネットで機屋から買う

●布の下準備

絹生地や綿・羊毛生地は良く洗い、ぬるま湯に30分位浸しておきます。 媒染剤というのは染料の染着性を高めたり、その色調を変化させたりする薬剤である。
ここでは次の2つの媒染剤を紹介します。
1食塩
 一般にコットン・木綿織物など植物繊維に対する染着性を高める。色調は明るく仕上がる。
2木酢酸鉄液シルク生地に使用
 木材を乾留して得られる「木酢」から作った鉄塩。草木染でよく利用され、深みのある色調になる。シルク生地の場合にお勧めです。

●草木の採集方法

採取した植物(染材)はドロなど軽く汚れを洗い落とし、染液が出やすいように刻んでおく。
染材は生の場合、標準で被染物と基本的には同量の重量が必要(乾燥している場合と生の場合で調節が必要)
花だけの場合、茎葉も一緒の場合とでは色が少し違ってくる。通常花だけで染めることは少ない。 根からとらない。樹木は剪定時などの枝を使う。採取したらすぐに使う

 

(1)
 ア)鍋に染める布の重さの約20〜30倍の水を入れ火にかける。
    (100gの布なら2〜3 の水)
 イ)草木を水から入れ15分位煮出す。(木の枝なら30分以上)
   ウ)バケツにザルをのせ布を敷いて鍋の中身を濾す。[一番液]
   エ)布に残った草木をもう一度鍋に入れて水を入れ同様に二回目の染料を作る。[二番液]
   オ)二回分の染料を合わせ鍋に入れ火にかける。
   ※草木によって煮出す回数が異なります。(2〜10回)

(2)
 ア)染める布をよく絞って染料に浸し、15分菜箸でつきながらムラにならないように染める。
 イ)火を止め、ぬるま湯まで冷ます。

(3)
 ア)媒染剤(木酢酸鉄液)は布の重さの約2〜5%ほどを布の20〜40倍の水で溶かす。 
 イ)染めた布をよく絞って30分間媒染液に浸す。

(4)
 ア)媒染した布をよく水洗いしてすすぐ。
 イ)染料の鍋を火にかけ、布を入れてもう一度菜箸で混ぜながら15分煮る。

(5)
 布は色が出なくなるまで水ですすぎ、脱水して天日干し、アイロンで仕上げる。

木綿の下地染め

毛糸を染める

しぼり染め

シルク生地はそのまま染められますが、コットン・木綿はタンパク質ではないので下地染めをしておきます。一晩水につけた大豆をミキサーにかけしぼった豆汁(ごじる)・または市販の豆乳につけると染めやすくなります。豆汁は腐敗が早いので使う分ずつ作ること。数日おいて染めましょう。

糸はかせ状態にし、太めの糸で2カ所とめておく。中性洗剤を溶かした60゜Cくらいの湯に30分つけたあと、ぬるま湯で洗っておく。毛は熱に弱いので浸し染めするとよい。加熱した染料に浸し、かき混ぜず静かに染める。

輪ゴムや糸で縫ってしぼったり、タコ糸や太めの糸で固く巻いて染めると、部分的に色が染み込まないように細工ができ、染め柄を作る1つの手法です。また、しぼる前と違う色に重ね染めするとカラフルな柄ができます。

mayuko silk collection
【最安値!工場直送】
UVカットの白スカーフとしても着用できます。
シルクは初心者でも失敗少なく染められます。
卸売30枚ロット
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
48,000円 (税込51,840 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
ご注文後に縫製します
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く